なりたい自分になるための挑戦

2018.7.24 マラソン記録 早朝ランは緊張を和らげる効果があった!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
nakayuu
沖縄県沖縄市生まれ沖縄市育ちの生粋のうちなんちゅやいびーん。 普通のサラリーマンやっている傍、池原青年会でエイサーの地謡も務めている三線好き。一応、民謡の教師免許を持っています。最近、数名教え始めましたよ!笑 20代後半から読書が急に好きになり、読書を通じてスキルアップに邁進中。 二児の父という役割もあります。 芸歴 琉球音楽協会 新人賞、優秀賞、最高賞 受賞 琉球音楽協会主催 輝け民謡アカデミー 最優秀アカデミー受賞 琉球音楽協会 教師免許 取得 三線教室で4名の弟子をもつ。

今日の天気は晴れ!毎日晴れてますねー!昨日22時までに眠れたため朝は5時に起きれました。

なので、久しぶりの早朝30分ラン達成できました。

マラソン記録

5.15キロ 30分27秒 平均ペース5分55秒 233カロリー消費 36m上り

やっぱり早朝ランは気持ちーですね。朝から脳みそがシャッキーン!となります。

達成した後のぬるいシャワーも最高ですよ!

明日も、続けて30分ラン実行したいと思います。継続は力なり!

ちょこっと読書知識

朝は、太陽の光とリズム運動、咀嚼(噛む)がセロトニンという切り替えする力や脳内物質のバランスを保つ役割をする脳内物質を生成しやすくなるそうです。つまり情緒を保つ大切なホルモンが生成されやすくなるんだとか!※「いい緊張は能力を2倍にする」著者:樺沢紫苑 より引用

やっぱり、早朝に太陽の光を浴びながら、ある程度一定のリズムを刻みながらのランニングは健康にも脳みそにも、情緒にも効くとても良い習慣なんですね。ランニングの後には朝ごはんを食べるともっと効果的!

ちなみに、情緒が安定すると(セロトニンが生成されると)緊張に強くなるんだとか!お仕事でのプレゼンや、三線の発表会、ピアノの発表会などで過度に緊張してしまう方はセロトニンが不足している可能性があります。情緒を整えるには、セロトニンという脳内物質が不可欠です。

セロトニンを生成するには、太陽光とリズム運動、咀嚼が有効ですので是非早朝のランニングや朝ごはんをよく噛んで食べるなどの活動を取り入れてみてはいかがでしょうか。いざという時に適度な緊張で2倍の力を発揮できるかもしれませんよ!

体重測定

 

体重+0.3キロ

ギリギリ57キロ台キープできました。先週の7月17日以降ずっと57キロ台をキープできています。

明日も、30分ランを継続してしっかりカロリー消費して57キロ前半を目指したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
nakayuu
沖縄県沖縄市生まれ沖縄市育ちの生粋のうちなんちゅやいびーん。 普通のサラリーマンやっている傍、池原青年会でエイサーの地謡も務めている三線好き。一応、民謡の教師免許を持っています。最近、数名教え始めましたよ!笑 20代後半から読書が急に好きになり、読書を通じてスキルアップに邁進中。 二児の父という役割もあります。 芸歴 琉球音楽協会 新人賞、優秀賞、最高賞 受賞 琉球音楽協会主催 輝け民謡アカデミー 最優秀アカデミー受賞 琉球音楽協会 教師免許 取得 三線教室で4名の弟子をもつ。

コメントを残す